サラリーマンの副業として最適な交通量調査のバイト

サラリーマンの副業の副業というものは、時間的に自由がきくこともあり、日雇いのバイトなどが最適ですが、そんな日雇いのバイトの中でも、収入面からもサラリーマンの副業にちょうどよいバイトに、交通量調査のバイトがあります。

この交通量調査のバイトとは、専用の機器などを使って調査対象の道路などを通っている車の、車種やナンバーなどをチェックしていくだけといったバイトです。このバイトがサラリーマンの副業として向いているのは、とにかく何のスキルもいらずに手軽に行えることです。初めて来た人でも何の問題もなく行えるというのは、あくまでも日雇いということを考えると重要になってきます。

唯一このバイトで必要なことといえば、忍耐力があるのかどうかといったことくらいです。長時間同じことを延々と続けることになり、途中で何度か休憩が挟まるとはいえ合計の労働時間だと10時間以上になります。その間基本的にはほかに何かをするといったことがないので、じっとしていることが苦手な人には不向きなバイトなのかもしれません。

特に夏場などは冷房機器などがなにもない野外でのバイトになるので、扇風機すらない状況で10時間以上労働する必要があり、冬場などでもかなり寒い野外での労働になるなど、暑さや寒さが激しいときには、バイト自体は簡単でも労働環境の関係で厳しいバイトになる可能性があるので、その場合には注意が必要になります。まあ冬場は大量に着込んだり、カイロなどを装備することにより寒さをかなり軽減できる可能性があるので、一番厳しいのはやはり夏場になるので、夏場にはあまりこのバイトはやらない方がいいのかもしれません。

このバイトを一日やって日給1万円以上になるので、日雇いのバイトの中ではそれほど高いとはいえないですが、他の日雇いのバイトと比べてもそれほど次の日に肉体に疲労が残らないので、そういう面でもサラリーマンの副業としては向いているといえます。時間があるサラリーマンは、一度試してみるのもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ